人生設計と生命保険

人生設計という言葉には、いろいろな要素が含まれます。私達は、自分自身の人生を、惰性で歩んでいくこともできます。ただ『生きているだけ』のような状態で生活することも、不可能ではありません。しかしそのような生活は、大抵の場合、私達にとって、マイナスとなります。目標の無い人生は、どこかで生きる目的を見失ってしまうことになるからです。ですからだれもが、小さいながらも、目標や目的を持って、人生を歩んでいます。

目標にたどり着くためには、ただ単にその目的がどのようなものか、ということだけを理解しているのでは、たどり着けません。その目標にたどり着くために、どのような道順を歩めば良いのか、どのような手段で、どのような準備を行って、どのような実践的なことをおこなえば良いのか、という点を考えなければなりません。そうすることによってはじめて、私達は目的のある人生を送っている、と言えます。

そのような目的を達成するために、資本となる私達の体がいつまでも動いてくれれば、と思いますが、怪我や病気、その他突発的に発生する様々な事態によって、停滞してしまうことがあります。そういったときに、もしすぐに対応することができれば、その停滞している時間が短くて済みます。その停滞する時間を短くするための方法として、『生命保険』等に加入すること、という点があります。保険に加入しておくことによって、それらの突発的な事象に発生する出費に関しての悩みが減ります。