ベストな保険に加入する

誰かにとってベストな保険が、本当に私達にとってベストな保険なのかというと、それは違います。人によって、家庭環境や仕事、収入や家族構成が異なっているからです。また、将来の展望も違いますし、当然人生設計も異なっています。異なった人生を歩んでいるからこそ、その人にとってベストな保険は、その人にしか選べない、と言えます。

しかし、誰かから客観的なアドバイスを受けることは必要です。そこでファイナンシャルプランナーに頼ることによって、より『自分にとって』ベストな保険を選択することが出来るのです。誰かに頼ることは恥ずかしいことではありません。より良い保険に出会うこと、さらに人生の節目ではその時々に合った保険を選ぶ為の見直しをするために、保険のプロに相談することは必要なことであると考えることができます。

TOPIC|生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】

生命保険は、個人によっては加入しないと選択する方もおられるでしょう。それもまた、その人にとっては正しい選択かもしれません。保険は誰もが選べるからこそ、その人の大きな買い物となります。月々支払いを行っていく保険料に対して、勿論私達は見返りを求めますが、同時にいつまでも健康に過ごして、そもそも保険の適用が必要ない人生を歩みたいと思っていますから、どのような保険に入るかを考える上で、そのようなバランスの取れた見方も必要です。

『FP』に頼ろう!

さて、私達は自分たちの生活を自分たちで設計することが求められていますが、それはあくまで自分たちの視点から見たものであって、第三者から見てその生活が成り立っているかどうかという点はまた別の問題になります。

第三者から客観的に見た場合、何かしら問題が見えるということもあります。ですから私達は何かを決定する際、正しい判断をしてくれる、信頼できる第三者に相談することも有用な方法の一つとなります。いわゆる、保険選びに関してもそうですし、一度加入した保険に関して見直す際も、いわゆる『保険のプロ』に助けを求めることは、無駄にはなりません。

保険のプロとはどのような人なのでしょうか。それが、『ファイナンシャルプランナー(FP)』と呼ばれる資格を有している人たちです。一般的にFPは、私達がどのような保険に加入すれば良いのか、またそもそも加入することが正しいのか正しくないのか、と言う事柄などに関して、個人的に相談することができる立場にあります。実際に個人で事務所を設けて相談を受けている人もいますし、どこかの会社に所属して相談を受けている人もいます。保険選びや保険見直しに関して悩んだ時には、ぜひファイナンシャルプランナーに頼ってみましょう。

保険選びで悩んでしまう

人生設計における地図には、至る所に障害物となる物があります。それらの障害物は、乗り越えることが楽なものである場合も、乗り越えるのに相当な苦労を強いられることもあります。時には、乗り越えられない、と感じるような障害物にぶつかることもあるでしょう。そういったときに、どのようにしてそれを乗り越えるか、または迂回して別の道を歩むことができるか、という点において『準備』や『覚悟』といったものは必要となります。

生命保険に加入しておくと、そのうちの『準備』を行うことが出来ます。たとえば、なんらかの難病に掛かってしまった場合、その治療に関しても特殊な方法を用いますので、多くの治療費が求められることがあります。それに、手術費だけで無く入院費やその他諸費用も掛かることとなります。そういった事態において、すぐに金策をすると言うことは簡単なことではありません。そういった問題に直面したとき、あらかじめ準備しておけば良かった、と思っても遅いことがあるのです。

ですから、そのような事態の為の準備として、生命保険に加入することは無駄にはなりません。ただ、最も重要なのは「保険選び」です。ベストな保険を選ばないと、安心するどころか、大きな損となってしまうことがあります。

人生設計と生命保険

人生設計という言葉には、いろいろな要素が含まれます。私達は、自分自身の人生を、惰性で歩んでいくこともできます。ただ『生きているだけ』のような状態で生活することも、不可能ではありません。しかしそのような生活は、大抵の場合、私達にとって、マイナスとなります。目標の無い人生は、どこかで生きる目的を見失ってしまうことになるからです。ですからだれもが、小さいながらも、目標や目的を持って、人生を歩んでいます。

目標にたどり着くためには、ただ単にその目的がどのようなものか、ということだけを理解しているのでは、たどり着けません。その目標にたどり着くために、どのような道順を歩めば良いのか、どのような手段で、どのような準備を行って、どのような実践的なことをおこなえば良いのか、という点を考えなければなりません。そうすることによってはじめて、私達は目的のある人生を送っている、と言えます。

そのような目的を達成するために、資本となる私達の体がいつまでも動いてくれれば、と思いますが、怪我や病気、その他突発的に発生する様々な事態によって、停滞してしまうことがあります。そういったときに、もしすぐに対応することができれば、その停滞している時間が短くて済みます。その停滞する時間を短くするための方法として、『生命保険』等に加入すること、という点があります。保険に加入しておくことによって、それらの突発的な事象に発生する出費に関しての悩みが減ります。